女性起業専門コンサルコーチ 高瀬まゆみ 自分らしく起業したい女性専門 不安ゼロで成功する起業プランニング実践講座 起業プランニング・戦略コンサル・メンタルコーチング
お問い合わせ

意味づけを変えることで、道は開ける!

生きていると、いろんなことがありますね。

苦しい事、辛い事、不愉快な事(T_T)

 

時には理不尽なことや、

気が動転してしまう事も(>_<)

 

 

そんな時、

 

物事の意味付けを変えて、

自分に力を与えることで、

状況を好転させる法則があります。

 

 

それは・・・

 

【意味付けを変える事で、

 道は開ける】

 

という法則です。

 

起きた事を自分の中でどう展開できるか?

 

「起きたこと自体に意味はない、

 意味をつけるのは自分」

 

 

起きてしまった事は、

単に事実でしかなく、

そこにどんな意味付けをするかは、

あなた次第です。

 

あなたしかいません。

 

 

人生に起きる出来ごとは、

誰にも変えられない。

 

 

でも意味付けを変える事は出来ます!

 

 

そして、あなたが「その出来ごと」に、

どんな意味付けをして、

【その出来ごとを捉えるか?】によって、

 

生き方や人生の質は、

大きく変わってくると思いませんか?

 

 

 

生きていく中では、誰にでも

辛い事や悲しい事、

時には必死に耐えなくては

ならない事もありますよね。

 

でもそんな時こそ、

ネガティブな出来事に 自分にとって意味ある、

意味付けを積極的にしましょう!

 

そうでなければ、

ただ辛いだけ、

悲しいだけ、

苦しいだけで、

 

負の経験を何の糧にもできない(-_-)

それは、あまりにも切ないですね(>_<)

 

 

すべてが学べる経験。

 

負の経験からこそ、

学べる事が多く、

成長できる糧になって、

 

自分の経験値(経験によって成長した度合い)は

上がると同時に、

経験の数と、レパートリーも増えるのです。

 

 

そう考えたら、

『負の出来事こそ、

 新たな気付きと成長のチャンス!』

と捉えて、活かしていきたいですね(*^^)v

 

 

 

わたしは3年ほど前に、

関節リウマチと診断されました。

 

1年間原因不明の指の腫れと痛みが続き、

整形外科はもちろん、

ガンセンターや 複数の大学病院で

検査を受けた末に

やった出た診断でした。

 

 

私は血液検査のリウマチ反応が陰性だった為、

なかなか診断がつかなかったのです。

 

「残念ですが、リウマチです。。。」と、

今でも、

すご~く申し訳なさそうに病名を

告げるお医者さんの顔と、

私が気落ちしないように、

異常に気を使ってくれた

看護師さんの顔が忘れられません。

 

 

そんな医師と看護師の態度から、

言われた私の方が、

「そんなに深刻な病気なの?!」と

困惑したくらいです(T_T)

 

 

確かに、リウマチは現代医学では

治らない病気です。

 

体中の関節が破壊され、

普通の生活にも支障をきたし、

寝たきりなる人もいます。

 

私も一時期は、

関節の腫れと痛みで

家事はもちろん、自分で洗髪したり、

服の脱ぎ着も出来ない時期がありました。

 

(主人も「これは一生介護?」を

覚悟したそうです^^;)

 

 

治療薬に強い「免疫抑制剤」を

服用するので、

傷がなおりにくい、

血がとまりにくい、

感染症にかかりやすく治りにくい

などの副作用があるため、

処方した医師からは

厳重な生活上の注意がありました。

 

薬の副作用で髪の毛が

驚くほど抜けたりもしました。

 

 

完治しない病ですが、

薬で症状を進ませない状態を目指して、

私は積極的に薬の量を増やし続け、

同時に複数の薬を試したり、

“更に強い薬が使えるか?”

検査入院したりしていました。

 

 

でも診断を受けてから今まで、

一度も病気になった事を

悲観した事はありません。

 

 

診断を受けてからの1年半、

どんなに薬を増やしても

改善しない状態に限界を感じた私は、

独自に東洋医学や自然療法への転換をして、

自分で減薬していきました。

 

主治医のリウマチ専門医からは断薬を

さんざん反対されたあげくに

「責任を持てない!」と最後は

病院をクビになりましたが。。。(T_T)

 

 

私が病気から学んだ事

 

「東洋医学」や「自然療法」というのは、

それまで論理と左脳中心で

生きている私からは、一番、

遠い世界でした。

 

今まで縁のない知識や

考え方を学んだ事で、

「生き方や考え方」を改め、

人生観や仕事のスタンスが

大きく変わりました。

 

 

薬の離脱をはじめて1年で、

完全に断薬しましたが、

今は病気になる前と同じ生活が、

何の不自由もなく出来ています(*^_^*)

 

 

リウマチは不治の病。

 

一生、薬を飲む必要がある病気ですが、

自分が身をもって、大量の服薬もやめ、

病気を克服した事で、

世の中に「不可能という事はない」と

更に強く思うようになりました。

 

 

私は病気になった事で、

それまでの自分の価値観に

ないものを知り、

取り入れることができて、

 

生き方にも、

多様性と幅が加わったと思っています。

 

 

そんなプロセスを歩めたのも、

「病気を必ず克服しよう!」という

強い気持ちと、

そこから何かを得るための意味付けを

早い段階からしていたからです。

 

 

積極的で前向きな意味づけのために

 

「起きたこと自体に意味はない、

 意味をつけるのは自分」

 

マイナスな出来ごとを、

プラスに好転させるには、

自分に質問して、

ポジティブな意味付けを

積極的にすることです。

 

そしてそれが、

状態を大きく変える

「唯一で最大の方法」です。

 

 

「どうして私ばっかり

 こんな目にあうんだろう・・・」

 

これは、自分から力を奪う質問(>_<)

 

 

辛い時、苦しい時、

あなたが自分に、

こんな質問をする傾向があるなら、

今日から変えていきましょう!

 

→「この出来事から学べる事は何だろう?」

 

→「この出来事は、

  私に何を教えようとしているんだろう?」

 

→「この出来事を自分の糧にする為に、

  何ができるだろう?」

 

 

ネガティブな事があった時こそ、

混乱、悲しみ、絶望などの

悪い感情に振り回されて、

パワーと時間を無駄にしてはなりません。

 

一時、落ち込んでもOK!

 

そこから、負に見える出来ごとを、

意味ある出来ごとに

積極的に転換してゆくのです。

 

マイナスの出来ごとも、

意味ある意味付けで

流れを転換させる事で、

その経験を、成長の糧にする

たくましさを持ちたいですね(*^^)v

 

 

またそれは、人としてだけでなく、

起業家としても、大切な資質となるはずです。

 

【詳細はこちらから♪】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://takasemayumi.com/lp/

No Comments Yet.

Leave a comment

CAPTCHA