やる気が生まれる仕事との付き合い方

 

毎日の忙しさの中でも、

 

「自分が目標に近づいている!」と
実感できる瞬間があると

うれしいですよね。

 

 

 

 

 

しかし、いつだってそういう実感を

得られるとは限りません。

 

 

 

 

 

そうした期間の中で当初のモチベーションを
維持することは難しいですよね(-_-)

 

 ・・・・・

 

こうした「モチベーション」の

上がり下がりの中で、


 

上手な【自己管理力】をもつことが、

 

 

これから長期的な目標に向かっていく上で
大切な力になってきます。

 

 

 

 ・・・・・

 

 

 

 

 

ではそうした自己管理力とは
どういったものがあるでしょうか?

 

 

 

『目標を洗練しよう』

 

 

人はどんなに強く望むことがあっても、

 

それが長期的な目標だけに

向かってしまうと、

 

やることの【ブレ】が、出てしまいます。

目標を洗練させるとは、

 

 

目標を細かく分割し、
長期的目標への道筋の中で、

 

 

 

常に自分の今いる場所を

振り返るチェックポイント作って

 

 

仕事に対するブレをなくす事!

 

 

 

 

 

モチベーションが上下することを

見越した仕事の計画を

立てることこそが、

 

 

自分と上手に付き合う第一歩であり、

そうした一貫した仕事への姿勢こそ、

社会的信頼にも繋がっていくのです。

 

 

 

 

 

『長期的目標の更に上を作ろう』

 

 

 

やる気を持ち続ける秘訣は、

 

 

長期的目標の更に上の
目標を作ることです。

 

 

 

これは自己実現欲求といって、

人間の中でもかなり強い部類の欲求です。

 

 

 

どうしても目先の成果や、

数字、成功イメージが

目標にされやすいですが、

 

 

「自分はこういう人間になりたかったんだ」


 

という、人間としての成長を

一番最高の目標にするのです。

そうすることによって、

どんなに仕事が上手くいかないとき、

やる気が起きないときでも

 

 

誰のためでもない、

 

自分の課題というものを

見つけることができるのです。

 

 

 

こうした自己管理力を

高めることはこれから

 

 

自分自身の人生の中で、
大きな力となって


 

更なる前進を約束してくれるはずです。

 

 

 

誰のためでもない、

 

 

 

自分自身を大きく成長させるための

仕事との向き合い方をしている人は

 

 

 

周りの人のやる気をも

大きく引っ張っていくと言われています。

 

 

ブレる事なく、

自分の【中心】を見つめていきましょう!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA