1つの事を極める事で、見れる世界がある。

日本を代表する俳優の高倉健さんが、
お亡くなりになりましたね。

 

映画スターとして、半世紀以上
活躍し続けた、その芸歴の長さと

 

「1つの事に精進」する

 

謙虚な姿勢は、私も

 

【心して】見習いたいと思います。

 

なぜなら、

 

「1つの事に精進する」というのは、

出来そうで、できない事だから(T_T)

 

 ・・・・・

 

学生時代から、「資格マニア」だった私。

 

英文タイプに、秘書検、英検
簿記に珠算、中企士
ヘルパー資格まで、

 

多くの資格と、興味あるままに、
やってみた事も数知れず(-_-;)

 

ピアノにヴァイオリン。
華道に茶道。

 

ウインドサーフィンは西湖に艇庫を
借りての毎週通い、

 

苗場では、4カ月のスキースクール通い。

 

清里でも、駅前のお土産屋で

バイトしながら、

 

乗馬を習ってみたり・・・。。

 

時間かけてるわりに、どれも
あんまり、上手じゃな~い(>_<)

 

 ・・・・・

 

要するに、すべてが

広く浅~く。

 

「なんでもできる」けど、

も極まらない。

 

 

【器用貧乏】なわけです(-_-;)

 

 ・・・・・

 

実際、私のクライアントさんにも
頑張り屋さんゆえの「器用貧乏」

という人は意外に多くて、

 

なんでも、そこそこできるからこそ、

迷って1つに決められな~い(>_<)」

 

と、時に悩ましい問題なのです。

 

 ・・・・・

 

いろんな事をやってみる事は
「経験」になって、

自分のデータベースに蓄積される。

実際やってみる事で、

「これ!」というものに
出会える事もありますよね。

でも、

 

 

★★★★★

たった1つの事に

「精進」するからこそ
たどり着ける境地がある。

1つの事を極める事で、
みれる世界がある。

★★★★★

 

 

はずです。

 

 ・・・・

 

私は「コーチ」になって、まる5年。

辛い時も、くじけそうな時も
自分なりに踏ん張って、

踏みとどまって、

 


気づいたら、はや5年。

 

 

 ・・・・・

 

まだまだですが、最近、

「1つの事を極めようとする」

面白さが
わかり始めた気がしています♪

 

1つのテーマをマスターするたびに、

 

「はい!次はコレ!」

「次はこれ」と

 

次々に現れる「課題」に

「クリアしたい!」一心で、
取り組む面白さ。

自分の専門領域を深く、ふか~く
入り込んでいく心地よさ。

そう。多分・・・。

 

 

★★★★★

「面白がる事」「楽しむ事」が、

「1つの事を精進」するのに
一番大切な【鍵】かもしれません。

★★★★★

 

 

バテそうな時に踏ん張れる
「メンタル筋力」を育てながら、

 

「こんな事できるようになった~」

「こんなに上手に

できるようになった~」

 

と、日々、楽しんで精進できたら、

必ず、今まで見たことない境地を
見れるはずです!

 

楽しみながら、面白がって!

 

 


ただ1つの事に精進し続け、

見た事のない「1つ上のステージ」を
一緒に目指していきましょう(^^)/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA